Return to site

なぜアートなのか

ボランティア活動にもいろんな種類があります。

医療や教育、植林や資金援助などいろんなことができると思いますが、私たちが大切にしていることは

「自分たちが無理せず楽しくできること」

技術もスキルもない私たちにもできることは自己表現ただ一つ。

アートには正解がない、言語がいらない、それぞれの心の表現ができたらそれでいいという肯定しかない。子供でも異国でも誰にでもできること。

簡単なことでいい、ただ楽しめればいい。そんな単純な動機でも、難しく考えて行動に移せないよりは100倍マシなんだと思います。

それに、人が地球に生まれてきた意味の一つに「自分を知りたい」という魂の願いがあると思うのです。

自分はこんな色が好きで、こんな音が好きで、こんな形が好きで、こんな景色が好き・・・

いろんな自分の心の声を聞いて言った先に、自分の夢や願いや生きる希望が出てくるのだと思います。

<私として生まれてきた意味>

それは心の声を外に出すこと、表現すること、それを他の人と共有することで初めてわかってくるんだと思います。

私たちがなぜその仕事を選んだのか、なぜその服を着ているのか、なぜその髪型なのか、なぜその音楽を聴くのか。

そんな日常の自由ですら、自分を形作る自己表現。

さらにSNSが当たり前になっている意味も、みんな「自己表現」がしたいから。

「私らしく」生きたいから。

なぜならそれが楽しいから、魂が満たされることは「私が私である」ことを感じられること。

しかし、貧困や戦争や強制労働などで自己表現ができない、知らない、そんな人たちも多く存在しています。生まれて、今生きることに必死でただその生涯を閉じて行く。

私という人間がどういう人間だったのかわからないままに。

だから私たちは数ある活動の中でもアートと自己表現を軸に活動していこうと思いました。

絵を描く、写真を撮る、アクセサリーを作る、粘土や折り紙や切り絵でもなんでもいい、ただ楽しく何かを自分なりにクリエイトする喜びを伝えていきたいと思っています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly